« 望遠鏡で月を見る | トップページ | グッピーがこんなところに! »

望遠鏡で木星をみる

月を望遠鏡でみるにでてきたK君が

木星をみると回りに衛星が4つあって毎日場所がかわっておもしろいよと教えてくれました。

いつも夜8時すぎかな?東の空に一際明るく光る大きな星が木星です。

それが木星であることも知りませんでした。

木星の衛星はガリレオが発見したため、ガリレオ衛星と呼ばれています。(イオ・エウロパ・ガニメデ・カリスト)

木星はうちのレンズでは星にしかみえませんが、その脇に4つ小さい星が並んでいたり、次の日には木星をはさんで3対1に分かれていたり、なんか感動です!

そういうわけで、最近読む本もそんなかんじで・・・

林完次さんの星と月のコレクションという本、ステキで気に入っています。林さんは宙(そら)ノ名前で有名な天体写真家です。

話は変わりますが、今日は十五夜ですね。望遠鏡でみるなら満月もいいけど、K君オススメの三日月もおもしろいです。欠けているところがぼこぼこしてすごいです。

あ~だれか もっとたくさん面白いこと教えてください!

ちなみに金星が欠けるということもこの夏初めて知りました。K君のおかげで・・・

またいつか、われわれ親子を刺激してくださいませ。。。。

|

« 望遠鏡で月を見る | トップページ | グッピーがこんなところに! »

自然のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552175/49527357

この記事へのトラックバック一覧です: 望遠鏡で木星をみる:

« 望遠鏡で月を見る | トップページ | グッピーがこんなところに! »